Welcome to
We will release the design data of HACKberry, our latest 3D-printed bionic hand, as open source for the purpose of speeding up the development through participation of cooperators from all over the world. In addition, we hope that cooperators will deliver this artificial arm to those we cannot reach ourselves due to distance and other constraints.
Hackberries, which are a species of trees included in the elm family, grow many branches.
Our goal is to develop an artificial arm that would become the platform upon which developers and artificial arm users from all over the world are able to build as they wish.
The name represents our vision to “hack” at problems, grow branches of joy that reach out to users and enable their ideas and efforts to bear fruit ( “berries” ).
Trial Use
HACKberry will be a practical model for daily use.

Through the trial use of HACKberry in the users everyday lives, we aim to discover new problems and issues for further improvement.

The movie shows current functions of HACKberry (April. 2015).
Terms of use
HACKberry
HACKberry is a practical model for daily use created through the cooperation of actual users.
Hackberries, which are a species of trees included in the elm family, grow many branches.
Our goal is to develop an artificial arm that would become the platform upon which developers and artificial arm users from all over the world are able to build as they wish.
The name represents our vision to “hack” at problems, grow branches of joy that reach out to users and enable their ideas and efforts to bear fruit (“berries”).
"HACKberry" provides dual licenses system for Users: one is for non-profit use under this Policy, and the other is for exceptional use (including commercial use).
Contents uploaded to the Exiii forum or GitHub may not only be used for development of HACKberry and may not be limited to just Creative Commons Licenses, and may be distributed by Exiii under a proprietary closed license, regardless of whether the content is program code, bug reports, opinions, ideas, etc. and regardless of the circumstances in which it was uploaded or whether it will be used for profit or not.

HACKberry Open Source Project Policy

 This policy (“Policy”) of “HACKberry Open Source Project” (“Project”) sets forth the scope and the terms and conditions of the provision of the source codes and data etc. regarding “HACKberry” by Exiii Inc. (“Company”).

1.Purpose
 1.1. The purpose of the Project is for the Company to release the source codes and data etc. and license the Company’s invention to all users of the Project (“Users”) in accordance with the Policy to promote the research development and spreading of artificial arms.

 1.2. Users shall not use the source codes and data or the inventions released or licensed under the Policy for any of the following purposes:
  1.2.1. military purpose.
  1.2.2. purpose against public order or morality.
  1.2.3. purpose of defaming or damaging the credit of the Company or the HACKberry; and
  1.2.4. any other purposes that the Company determines falls or is likely to fall under any of the above section 1.2.1. to 1.2.3.

2. Source Codes for Software
The source codes for the software of HACKberry are released under the following licenses.
Please inquire to the following contact to use the source code under exceptional conditions(commercial use, etc.).
[info@exiii.jp](mailto:info@exiii.jp)

Source codes Licenses
2.1. Arduino Sketch (the source code for Arduino Micro built into the artificial arms) GNU General Public License version 3


3. Data for Hardware
The data for the hardwares of HACKberry is released under the following licenses.
Please inquire to the following contact to use the data under exceptional conditions(commercial use, etc.).
[info@exiii.jp](mailto:info@exiii.jp)

Data licenses
3.1. 3D data (the configuration data for each of the parts used in the artificial arms) Creative Commons License BY-NC-SA 4.0 International
3.2. Hand substrates data (the data for circuit substrates connecting microcontroller boards, motors, sensors and batteries) Creative Commons License BY-NC-SA 4.0 International
3.3. Sensor substrates data (the data for circuit substrates used to fix reflection type photosensors that detect ridges in muscle tissue) Creative Commons License BY-NC-SA 4.0 International
3.4. Battery substrates data (the data for circuit substrates built into battery boxes) Creative Commons License BY-NC-SA 4.0 International


4. Patents
 4.1. The Company grants Users a free-of-charge, non-exclusive, non-transferable and non-sub-licensable license(without any restriction of territory or time) to use the Company’s inventions (including registered patent inventions and pending patent inventions) provided that (i)such usage is necessary for Users to make artificial arms by using the source codes and the data in accordance with the licenses provided under sections 2 and 3 and (ii) such usage is not in violation of section 1.2.

 4.2. The inventions referred to in the preceding section 4.1. includes the invention regarding the joint mechanism that enables artificial arms to operate similarly to human arms with a simple conformation.Presently, the invention is patent pending, however, the Company will update the details of the invention through appropriate methods (including revision of the Policy, notification on the forum on this website and etc.) according to the development in the patent application.

5. Trademark and Other Contents
 5.1. The following trademark is registered.
        Trademark: exiii
        Registration number: 5786270

 5.2The following trademark is under procedure of application.
        Trademark: HACKberry         Application number: 2016-042844, 2016-042845

 5.3. The “Intellectual Property Rights” (hereinafter used to refer to any rights already owned or to obtain or apply for registration of such rights) which includes copyright (including the rights specified in articles 27, 28 and other articles of the Japanese Copyright Act; the same apply hereinafter), patent rights, utility model rights, design rights, trademark rights, and other intellectual property rights in and to the trademarks and other contents of the Company are owned by the Company unless the Policy stipulates otherwise.

 5.4. On the basis of this Policy, in the case when users publicly released source code or data that is copyrighted under copyright law and committed or uploaded to GitHub or our forum (http://exiii-hackberry.com/forums/), their copyrights shall be transferred to our Company at the time it is committed.

 5.5. Users may not use the trademarks and other contents in any way without prior written permission by the Company.

 5.6. To obtain the permission stipulated the preceding section 5.3., please contact the below Email address.

        info@exiii.jp

6. Superiority of the Individual Licenses
 In the event of discrepancy between the provisions of this Policy and the provisions of the licenses regarding the source codes and data provided under sections 2 and 3 of this Policy, the provisions of the licenses regarding the source codes and data provided under sections 2 and 3 shall prevail unless provided otherwise.

7. The Company’s Exemption of Liability
 7.1. The Company shall not explicitly or implicitly guarantee that this website itself, the source codes and data provided on this website, and the licenses quoted in the Policy are free from de facto or legal flaws (including flaws relating to safety, reliability, accuracy, completion, validity, compatibility with certain purposes, security, as well as errors, bugs, and infringement of rights). The Company shall have no obligation to provide services regarding HACKberry free of such defects to Users.

 7.2. The Company shall not in any way be responsible for any disputes or damages whatsoever arising in relation to the usage of the source codes and data provided by the Company or the interpretation and application of the Policy among Users or between Users and third parties.

 7.3. The Company shall not provide any guarantee that the source codes and data will constantly be available on this website at any time. The Company shall not in any way be responsible for any damages caused to Users or third parties that arises from a situation where the Company cannot provide the source codes and data irrespectively of the cause of such situation such as maintenance of this website.

8. Modification of the Provision and Contents etc.
 8.1. The Company may modify the contents or methods of provision of the source codes and data, the content of the license to use the Company’s inventions, or terminate the provision or the license (hereinafter referred to as the “Modifications.”) when the Company deems necessary, without providing prior notice to Users.

 8.2. The Company shall not be responsible for any disputes between Users and third parties or damages to Users or third parties arising in relation to the Modifications.

9. Modification of the Policy
 9.1. The Company may modify the Policy when the Company deems necessary, without providing prior notice to Users.

 9.2. Users shall be deemed to have granted valid and irrevocable consent to the modified Policy by continuing to download or use the source codes and data, or use the Company’s inventions. However, such modifications shall not affect the contents of the licenses applicable to the source codes and data that are downloaded by Users prior to the modification of the Policy in accordance with the Policy prior to the modification of the Policy.

10. Governing Law and Jurisdiction
 10.1. Where the Company has provided Users with a translation of the Japanese language version of the Policy (“Japanese Version”), the Japanese Version and a translation will govern the relationship between Users and the Company. In the event of a contradiction between Japanese Version and a translation, the provisions in the Japanese Version shall take precedence over any other translation. The Policy shall be governed by the laws of Japan.

 10.2. Any disputes that arise from the Policy or are related to the Policy will be governed primarily under the exclusive jurisdiction of the Tokyo District Court or the Tokyo Summary Court.

exiii Inc.
Prescribed on May 25th, 2015
Updated on July 20th, 2015
Updated on February 2nd, 2016
Updated on June 10th, 2016



HACKberry
HACKberryは日常的に使えるようユーザーの声を多く取り入れた実用的な義手です。
Hackberryとはニレ科の非常に枝を多くつける樹木です。世界中の開発者や義手ユーザーが思い思いの形に作り上げられるプラットフォームになるような義手を目指します。
「改良(HACK)することで楽しみ方の枝葉が広がりユーザーの手に届き実(berry)を結ぶ」という思いを込めています。
「HACKberry」は、本規約に基づく非営利利用の場合とそれ以外の場合(営利利用など)を区別してライセンスを用意しています(デュアルライセンス方式を採用)。
exiiiのフォーラムとGitHubにアップロードされた内容は、プログラムコードに限らず、不具合報告、意見、アイディア、その他内容の如何や、営利または非営利利用を問わず、「HACKberry」の開発に利用され、Creative Commonsライセンスのみならず、exiii株式会社が独自に設定するクローズドソースライセンスの下で頒布されることがあります。

HACKberry Open Source Project Policy

  イクシー株式会社(以下「当社」といいます。)は、本ポリシーにおいて、「HACKberry」に関するソースコードおよびデータ等の公開(以下「本プロジェクト」といいます。)の内容およびその利用条件等について定めます。

1.目的
 1.1. 本プロジェクトの目的は、当社が本プロジェクトの一切の利用者(以下「ユーザー」といいます。)に対し、本ポリシーに基づいてソースコードおよびデータを公開し、当社の発明について利用許諾をすることで、義手の研究開発および普及を促進することにあります。

 1.2. 本ポリシーに基づいて公開されたソースコードおよびデータ、または本ポリシーに基づいて利用許諾された発明について、以下の各号に規定する目的での使用を禁止します。
  1.2.1. 軍事目的での使用
  1.2.2. 公序良俗に反する目的での使用
  1.2.3. 当社またはHACKberryの名誉または信用毀損する目的での使用
  1.2.4. 当社が上記各号に該当するおそれがあると判断する目的による使用

2. ソフトウェアのソースコード
HACKberryに関するソフトウェアのソースコードは、以下のライセンスに基づき公開されます。
各ライセンスとは異なる条件(商用利用等)でソースコードの利用を希望する場合は、以下のアドレスまでご連絡ください。
[info@exiii.jp](mailto:info@exiii.jp)


ソースコード ライセンス
2.1. Arduinoスケッチ(義手に内蔵したArduino Microに書き込むためのソースコードを意味します。) GNU General Public License version 3


3. ハードウェアに関するデータ
HACKberryに関するハードウェアに関する各データは、以下の各ライセンスまたは条件に基づき公開されます。
各ライセンスとは異なる条件(商用利用等)でデータの利用を希望する場合は、以下のアドレスまでご連絡ください。
[info@exiii.jp](mailto:info@exiii.jp)


データ ライセンス
3.1. 3Dデータ(義手に使う各部品の形状データを意味します。) Creative Commons License BY-NC-SA 4.0 International
3.2. ハンド基板データ(マイコン、モーター、センサおよび電池を繋ぐための回路基板を意味します。) Creative Commons License BY-NC-SA 4.0 International
3.3. センサ基板データ(筋肉の隆起を検出するための反射型光センサ(フォトリフレクタ)を取り付けるための回路基板を意味します。) Creative Commons License BY-NC-SA 4.0 International
3.4. 電池基板データ(電池ボックスに内蔵する回路基板を意味します。) Creative Commons License BY-NC-SA 4.0 International


4. 特許
 4.1. 当社は、ユーザーに対し、2.および3.に定めたライセンスに基づいてソースコードまたはデータを利用して義手を制作するに当たって必要な範囲であってかつ1.2.に違反しない場合に限り、当社が特許出願中または特許登録済みの発明を実施することを、無償で、地域または期間の限定なく、非独占的に許諾(再許諾は除きます。)します。

 4.2. 4.1.に定める発明は、関節機構に関するものであって、簡単な構造で人間の手の動作に近い動作を実現可能とするものです。現在特許出願中ですが、出願手続の進展に応じて、発明の特定に関する情報を本ポリシーまたはフォーラム等において適切な方法により告知します。

5. 商標等およびコンテンツ
 5.1. 以下の商標は、当社が日本において登録済の商標です。
        商標: exiii
        登録番号: 5786270

 5.2. 以下の商標は、当社が日本において出願中の商標です。
        商標: HACKberry
        出願番号: 2016-042844, 2016-042845

 5.3. 本ポリシーに特に定めがない限り、exiiiに関する商標等およびコンテンツについて、著作権(著作権法第27条および第28条の権利その他の権利を含みます。以下、同様とします。)、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利も含むものとします。以下、総称して「知的財産権」といいます。)その他一切の権利は、当社に帰属します。

 5.4. ユーザーが本ポリシーに基づいて公開されたソースコードおよびデータに関し、GitHubまたはフォーラム(http://exiii-hackberry.com/forums/)上でコミットまたはアップロードした場合、その内容が著作権法上の著作物であるときには、コミットと同時に、ユーザーの著作権は当社に移転します。また、この場合、ユーザーは、当社または当社が許諾する第三者に対し、著作者人格権を行使しないものとします。

 5.5. 商標等およびコンテンツは、当社の事前の書面による許諾を得ない限り、いかなる利用もしてはなりません。

 5.6. 商標等またはコンテンツの利用を希望する場合は、以下のアドレスまでご連絡ください。

        <連絡先>info@exiii.jp

6. 個別のライセンスの優先
 第2項または第3項に規定するソースコードまたはデータに付与されたライセンスに規定する事項のなかで、本ポリシーと第2項または第3項に規定するソースコードまたはデータに付与されたライセンスとの間に、同一の事項について異なる内容がある場合には、特段の定めがないかぎり、各ライセンスの内容を優先して適用する。

7. 免責
 7.1. 当社は、本ウェブサイト、本ウェブサイトで提供されるソースコードおよびデータならびに本ポリシーに掲げる各ライセンスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。当社は、ユーザーに対して、かかる瑕疵を除去してHACKberryに関するサービスを提供する義務を負いません。

 7.2. 当社は、当社が提供するソースコードおよびデータの使用または本ポリシーに定める各ライセンスの解釈適用に関連してユーザー間またはユーザーと第三者との間で生じた、いかなる形態での紛争またはあらゆる損害について一切の責任を負いません。

 7.3. 当社は、本ウェブサイトにおいてソースコードおよびデータが常に提供されることを保証しません。当社は、本ウェブサイトのシステムの保守点検といった理由をとわず、本ウェブサイトにおいてソースコードおよびデータが提供できない事態が発生したことによってユーザーまたは第三者に生じるあらゆる損害について一切の責任を負いません。

8. 提供方法および内容の変更
 8.1. 当社は、ユーザーに対してあらかじめ通知することなく、いつでも本ポリシーに定めるソースコードもしくはデータの提供方法もしくは提供内容または発明の利用許諾の内容を変更し、または提供もしくは利用許諾を中止すること(以下「変更等」といいます。)ができます。

 8.2. 当社は、前項の変更等に関連して、ユーザーまたは第三者に生じるあらゆる紛争または損害について一切の責任を負いません。

9. 本ポリシーの変更
 9.1. 当社は、ユーザーに対してあらかじめ通知することなく、いつでも本ポリシーの内容を変更することができます。

 9.2. ユーザーは、本ポリシーの変更があった後、当社が提供するソースコードもしくはデータの取得もしくは利用を継続することによって、または当社の発明の利用を継続することによって、変更後の本ポリシーについて有効かつ取消不能な同意をしたものとみなします。ただし、本ポリシー変更前にユーザーが変更前のポリシーに基づいて取得したソースコードまたはデータに適用されるライセンスの内容はこの限りではありません。

10. 準拠法、裁判管轄
 10.1. 本ポリシーは、日本語を正文とし、準拠法は日本法とします。

 10.2. 本ポリシーに起因し、または関連する一切の紛争については、訴額に応じて、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

イクシー株式会社
2015年5月25日制定
2015年7月20日改訂
2016年2月2日改訂
2016年6月10日改訂